コピペ無料 Google AdSense PV0の5記事で合格

スポンサーリンク
コピペ無料GoogleAdSensePV0の5記事で合格

こんにちは。管理人のKazuyukiです。

ブログ始めて1か月でやっと5記事書くことができました。(もっとかかったかも・・・)

なんとか見られるサイトになってきたので、とりあえずサイトを公開しました。そしてどうせ公開したのならと、試しにGoogle AdSense の申請をしたところ、一発合格しちゃいました。

サイトは公開したばかりなので、もちろんPVは0です。

しかも審査は以下のとおり半日程でした。

AdSense申請時メール

申請:2019/08/19(月)21:02

AdSense合格時メール

合格:2019/08/20(火)15:37

今回はGoogle AdSenseに合格した私のノウハウを、一般的に言われていることと照らし合わせながら全て公開いたします。

お急ぎの方は、下に合格時の5記事を掲載しますので、参考にしていただけると幸いです。なお、記事はコピペ無料ですが、ご自身の手で書かれたほうが合格しやすいようです。

↓合格時の5記事。コピペ無料。

↑合格時の5記事。コピペ無料。

スポンサーリンク

1.はじめに

まず、合格時の5記事の概要を説明いたします。

文字数

①ー目指せ月収100万円・・・・・・・・・・1,735文字
②ーおすすめのドメイン取得会社 ・・・・・1,583文字
③ーこれだけ!レンタルサーバー5選 ・・・・ 3,082文字
④ーWordPressをおすすめする理由 ・・・・2,252文字
⑤ーまず登録すべきASPサイト5選 ・・・・・1,565文字
       合 計           10,217文字

                1記事当たり平均2,043文字

①の記事をメインにし、②~⑤は話の流れで関連ページとして紹介するかたちをとっております。

上記5記事と合わせ、
 ・サイトマップ
 ・プライバシーポリシー
 ・自己紹介
 ・お問い合わせ
の4ページを作っております

この4つのページに関しましては、今後、サイトを運営していくなかで変更するつもりなため、コピペはおすすめしません。

というか、自己紹介、コピペしてもしょうがないですよね。

2.合格した5記事を作成したうえで気を付けたこと

2-1.正しい日本語で美しく

正しい日本語

みなさん、文字数や記事の内容ばかりに気を取られていませんか?

もちろん、記事の内容は大切です。

しかし、いかに内容が優れていたとしても、私たちが書いている記事は誰かに読んでもらうためのものですよね?

その際、日本語が正しくなければ、みなさんの書いた記事で読者に内容を伝えることは難しいはずです。

たとえ日本語が正しくても、文法、見出しや段落などの体裁が整っていない、見た目が美しくないサイトはNGです。

見ただけで嫌なサイトってありますよね?そういうサイトからはすぐ帰りたくなるものです。

なかでも私が注意したのが、誤字・脱字てにをは主語述語です。記事が完成したと思ったら、これらを意識して読み返すことをおすすめします。

2-2.独自ドメインの使用

私のブログ名は、Ao Blogs です。

独自ドメインは、ao-blogs.com です。

これがちぐはぐだったり、無料ブログの文字列がくっついたりすることのないよう、申請するブログ名と独自ドメイン名は同じほうがいいです。(私のは厳密には同じではないですが・・・)

2-3.画像・文字をコピペしない

画像については、著作権の問題があるとよくいわれているため、フリーサイトから拝借することをしておりません(1枚だけ写っちゃってた!)

↓こういう画像も一切使っておりません。

それですと、記事が文書だらけでパっとしないですよね。

そこで、私は自分で画像を作成しました。(Microsoft の Officeがあるため、表など)

記事につきましては、他のサイトを参考にすることはあっても、自分の言葉に直して記載しました。

なお、他のサイトを参考にしたとしても、内容には独自性を持たせたつもりです。

そのほうが読者は興味をもってくれますよね?

2-4.他のASPの広告を貼らない

Googleに、「おたくの広告使わせてください」という申請をするのですから、他社の広告を貼るのはやめましょう。

2-5.Google AdSenseが要求していることを守る

2-5-1.Google AdSense プログラムポリシーを遵守する

当たり前のことですが、Google AdSense がやれといったことをやり、やるなといったことはやらないようにしましょう。

Google AdSense プログラムポリシーの要約

・ 広告のクリックを誘導しない
・ 成人向けコンテンツを記載しない
・お小遣い稼ぎ系コンテンツを記載しない

以下、画像が豊富で非常に分かり易いです。
Google AdSense プログラムポリシーガイドブック

GoogleAdSenseプログラムポリシーガイドブック

なお、詳しくはGoogle AdSense のヘルプをご覧ください。 リンク先が英語表示だった場合、画面左下で言語を日本語に変更できます。

GoogleAdSenseのヘルプ言語

2-5-2.プライバシーポリシーを記載する

プライバシーポリシーを記載しなくても審査に合格したという方もいるようですが、Google AdSenseがプライバシーポリシーを必須コンテンツとしておりますので、記載しましょう。

コンテンツポリシー 必須コンテンツ

GoogleAdSenseコンテンツポリシー必須コンテンツ

ちなみに、私は次のサイトを参考にさせていただきました。

【2019年コピペOK】グーグルアドセンスのプライバシーポリシーテンプレート(ひな形)書き方の例 2019年8月

2-6.記事数・文字数

少なくとも10記事、そして1記事1,500文字

よく言われていますよね。都市伝説?

記事数に関しては、私が5記事で合格すると実証しました。(他にも多くの方がいらっしゃるようです)

1記事当たりの文字数は2,000字と少し多いですが・・・

役に立ちそうにない、おもしろくもない記事が100記事あっても誰も読みません。

確かに、ある程度のボリュームは必要かもしれませんが、内容をより良いものにする努力をしましょう。

2-7.PV数などの運用実績

PV0、全く参考なりませんね。どうやら私以外にもPV0の合格者はいらっしゃるようです・・・

サイトの公開と同時にGoogle AdSenseの申請をしたので、運用実績もなしです。

おそらくPV数などの実績はそれほど重要ではないのではないでしょうか・・・

3.まとめ-Google AdSense に合格するには

前提条件
Google AdSense プログラムポリシーを遵守する

必須条件
読者に有益な情報を与えるサイトを作成する


仮にみなさんが広告主だった場合、どのようなサイトだったら広告を掲載したいと思いますか?

要するに、そういうことなのです。


「Google AdSense 合格のためには~」という類似サイトが多いなか、最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が、初めて申請する人、もう一度申請する人それぞれの参考とうれしいです。

4.最後に

実はGoogle AdSense の申請時、afb(アフィb)と Amazonアソシエイト も申し込んでおりました。

afb(アフィb)は申請翌日の午前中に合格メールが届きました。

しかし、 Amazonアソシエイト は以下の理由で不合格となってしまいました。
ちなみに、こちらの審査も半日程でした。

・現段階ではコンテンツが少ないため、必要な審査を行うことができない
・十分な期間運用いただく等コンテンツを拡充の上で申請

ですよね・・・

Amazonアソシエイト申請時メール

申請時:2019/08/19(月)20:56

Amazonアソシエイト不合格時メール

不合格: 2019/08/20(火)12:34

タイトルとURLをコピーしました